FC2ブログ

世界をぐるぐる♪旅人写真家SHINの旅日記☆

ずっと世界を旅していたい旅人写真家の「人」と「モノ」との出会い日記♪

トルコの“母の想い”

あまりにも、
しょうこの運転が怖いので、

モリくんと強制的に交代。
コワイョ━(((。iдi。))━ッ!!

運転に慣れてないのに、
ビュンビュン飛ばすし、

「な、運転できてるやろ?
 な?しんちゃん?
 ほら、ほら?」

助手席にいるボクの方を
ずっと見ながら言っている…

いいから、
前を見て運転しろっ!
凸(゚皿゚メ)コラーッ!!

なので、モリくんに交代!





って、おまえもこっち見てるし~
(ノ゚ρ゚)ノ ォォォ・・ォ・・ォ・・・・

でも、モリくんはさすがに、
自分の運転技術を自負するだけあって、

安心のドライブ♪
ほっ(*´∇`*;△

やっと、全身の硬直が解けた。

お昼の13時、
無事にオデミッシュに到着。

アイシェお母さんたちとは、
昨日のオヤ市の広場で待ち合わせ。

ちゃんと待っててくれて、
広場の近くで一緒にランチ。

写真はないけど、
昨日、ヌルテンお母さんちでも食べた
トルコピッザを。

こっちの人たちはホントに好きみたい。

毎日食べても飽きない味♪

腹ごしらえをして、
いざ、アイシェお母さんちへGO!





お母さんはボクたちが来たことを、
ホントに喜んでくれてる様子で、
まったくトークがとまらない…( ̄O ̄;)

でも、
ボクたちも来れて、すっごくうれしい♪
(*≧∀≦*)

「しんいち、
 私はとっても用心深い。

 あまり、
 人を信用することができないの。

 この人と結婚して40年になるけど、

 この家に、
 親族以外の他人を招いたことは、
 ただの一度もないのよ。

 トルコ人でさえ、
 家に入れたことはないのに、
 あなたは、ましてや日本人。

 でも、
 私はしんいちを招きたいと思った。

 とても、不思議なの」

えー!!!
そこまで想っててくれたんだ!?
w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!


でも、
実はボクもアイシェお母さんには
特別な感覚がある。

今年の4月に初めて会った時から、
言葉はまったく通じないのに、
不思議と心が通ったお母さんだった。

そして、今回はしょうこのおかげで
何を言ってるかが分かる。

ボクのことを、
「3番目の息子」と呼んでくれる。

人の“縁”(えにし)って、
ホントに不思議。


そして、
この人が1番目の息子さん。
(実の長男さん)

実は、
ボクが3番目とか言いながら、
ボクより年下だった…(^◇^;)





もちろん、左の人ですよ♪

右はお父さん。
そして、お孫ちゃん。

お母さんは、
「3番目の息子に、
 ムスリムの名前をやらないとね」

そう言って、
ボクにムスリムの宣教師の格好を。

「しんいち、
 あなたのムスリム名は、クゼイよ」




しょうこが、ゲラゲラ笑ってる。
ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

「しょうこ、なに?
 クゼイってどういう意味?」

「Kuzeyは、“北”って意味」

「なんで?なんで“北”なん?」

「意味は無いってよ(笑)」

特に意味はないのに、
ボクの名前は“北”になりました。

トルコでは、
けっこうそういう名付けをするそう。

つづいて、モリくんにも。

「あなたは、4番目の息子ね。

 あなたにも付けてあげるから、
 これをかぶりなさい。

 あなたの名前は、ギュネイよ!」





またまた、しょうこが笑ってる。
(ノ∀≦。)ノぷぷ-ッ笑

「Güneyは、“南”。

 しんちゃんが、“北”で、
 モリくんは、“南”やって!

 めっちゃ、おかしい!(笑)」

って、
しょうこ、笑いすぎやろー!
○=(`◇´*)o コノヤロー!!

でも、お母さんは真顔だ。

どうやら、
トルコではこんな感じで名付けるみたい。

そして、お母さんは、

「あなたたちは、
 私の息子だから、
 特別なものを見せてあげる」

そう言って、
奥の部屋から持ってきてくれた。





スゲーーー!!
きれい!!!

イーネ(刺繍針)編みのレースだ!
∑d(*゚∀゚*)チゴィネ!!

昨日、市場で買ったやつより、
さらに細かで美しいイーネ。

どーゆうことっ!?
\(○`ε´○)コラーッ!!!

「これはね、
 2番目の息子の
 未来の花嫁のために編んだの。

 トルコの母は、
 娘が嫁入りする時には
 嫁入り道具を編むんだけど、

 息子が花嫁をもらう時にも
 歓迎の気持ちとして用意するのよ。

 春が来る頃、
 蚕の卵を集めてきて、
 私の脇の下で温める。

 孵化させて、
 繭を作らせて、
 糸をつむぐ。

 その糸を自分で染めて、
 はた織り職人に織ってもらうの。

 そして、織りあがった生地に、
 同じシルク糸でイーネ編みをする。

 丸一年かけて、
 一枚を編みあげるのよ」

えっーーー!???
卵を脇の下で温める!?
...(゚Д゚ノ)ノギョエー!!!!!!!!

トルコのお母さんは、
そこまですんの!???

息子の花嫁のために!??





「なんで、そこまですんの?
 トルコの母は大変だね!」

そう、しょうこに訳してもらうと、

「大変だなんて、
 一度も思ったことないわ。

 息子の未来の花嫁に
 想いを寄せがら編めるから、

 私はとってもしあわせよ♪」

じ、次元が違い過ぎる…
ポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…

トルコのお母さんの愛情って、
こんなにも深いのかぁ~

って、
トルコじゃなくっても、

“母の愛情”って、
世界中どこへ行っても深いんだなあ。
( ̄(エ) ̄)y-°°シミジミ

そして、なんと!!!

「しょうがない。
 あなたたちも息子だから、

 二人で一枚あげるから、
 花嫁のために持って帰りなさい」

って、エッーーー!???
ェェェェェΣ(゚Д゚,,)ェェェェェーーー!!!

一年がかりの一枚でしょ!?

「2番目の息子のために
 この5年で5枚編んだの。

 でも、
 次男の結婚はいつになるやら。

 また、1年かけて編むから、
 これは、持って帰りなさい。

 ただし、
 未来の花嫁のためにあげるから、
 商売で売っちゃダメよ」

はい!
もちろんです!
ラジャ(゚◇゚)ゞビシッ!!

アイシェお母さん、ありがとう♪

本当に、ありがとう。


そして、こちらは別のイーネレース。





玉ねぎの皮とお茶、くるみで染めた
シルク糸で編んだイーネレース♪

一枚編むのに、約半月かかるそう。

すてきな作品。

こちらは売りものだそうなので、
何枚か買って帰ります♪


お母さんは、後片付けに。





そして、お父さんは寝る。
o(__*)Zzz

これも、どの国でも同じ。
(^○^)





片付けが終わったお母さんに、

オヤを編んでるところを
見せてほしいとお願い。

「じゃ、いつも庭でやってるから」

そう言って、裏庭へ。





お母さんがかぶってるスカーフも
もちろん、お手製。

可愛くって、すてき♪

「写真を撮る」と言うと、
サッと取ってきてパッとかぶった。

トルコの人は、
写真と聞くと、猛烈に気合が入る。
O(≧▽≦)O





ホントゥに、細かい針仕事。





パシャ、パシャと、
たくさん写真を撮ってると、

さすがに照れたのか、ニッコリといい表情♪





こちらの2枚も、花嫁用スペシャル。
(もちろん、譲ってはくれません)

二人とも、よく似合ってます♪

でも、
二人とも、ちょっとお腹もでてる。
(≡^∇^≡)ニャハハ





アイシェお母さん、
早く花嫁に渡せる日がくるといいね♪

お母さん一家が、
しあわせいっぱいに包まれる日を
ボクたちも望んでいるよ。





なぜだか、
ミカンとレモンが同時になる木。

ウソじゃないです。
ホントに元は一本の木なんです。

すごく、不思議。




この人が噂の2番目の息子。
(一番奥)

仕事が終わって、
駆けつけてくれました。

早く結婚できるといいね~♪





深い愛情と
絆で結ばれたイェシルご一家。

“母”の愛情の深さを
トルコまで来て、
あらためて教えてもらった、

そんなステキな時間でした♪
(●´ω`●)ほのぼの♪

大・大・大感謝です!
(≧∪≦*)ノノ*:.。





いろいろと話し込んでいると、
あっという間に夕方。

どんなに遅くても、
18時にはここを出発しないといけない。

今夜は、しょうこが、
22:30 デニズリ発の深夜バスに乗って
イスタンブールへ帰ります。

しょうこは、
明日の朝からイスタンブールで仕事。

ここオデミッシュからデニズリまで、
どんなに飛ばしても3時間半はかかる(汗)

「そろそろ帰るよ」と言うと、

「なぁぜ?」
「なんで?」

としか言わないアイシェお母さん。

そして、
もうここに泊まっていけ、と。

お、お母さん…
うれしいけど、そろそろ帰らして…
(^◇^;)

もう、いい加減のタイムアップで、
お母さんを振り切るように外へ。

しょうこも、
「え~ん、え~ん」と言ってる。

泣いてないけど…( ̄◇ ̄;)


長男さんが、
途中まで先導してくれる、と。

iPadのマップがあるから大丈夫と、
何度言っても、

先導するってゆずらない。





どこまでも親切な人たち。

トルコ人 バンザーイ!
イェシル一家 バンザーイ!
\∩(^∇^)∩/

トルコ、大好き!!!


トルコ ブルダン①へと続く…


のランキングボタンと拍手。
ポチッとしてくださるとうれしいです♪


スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

Information

旅人写真家SHIN
  • Author: 旅人写真家SHIN
  • ずっと世界中を旅していたい旅人写真家SHIN。

    旅とスキューバダイビングが大好物♪

    世界中のいろんな人たちの素敵な「人生」と

    素敵な「モノ」を探して日本と海外を行ったり来たり♪

    (*∩∀∩*)ワクワク♪

Search

Calendar

11 « 2019/12 » 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -